リハビリ関連で参考になるホームページデザイン12選!成功に必要なコンテンツは?

ウェブデザイン 最終更新日:2024/06/11 公開日:2024/05/19

リハビリ関連で参考になるホームページデザイン12選!成功に必要なコンテンツは?

参考となるリハビリ関連サービスのホームページデザインまとめ

わかりやすさと親しみやすさを実現

わかりやすさと親しみやすさを実現

https://nextsteps.jp/houmonreha/

全体を緑色のトーンで統一し、優しい感じと親切な感じをイラストも交えながら表現しています。温かみのある訪問リハビリサービスであることを効果的に伝えています。また、症状別やサービス別に情報を分かりやすく構成し、訪問者が簡単に必要な情報にたどり着けるような導線が引かれている点が魅力です。

アールリハビリステーション

アールリハビリステーション

https://r-reha.jp/

シンプルなデザインながらも、ポイントで丸みのある写真を入れることで全体のコンセプトを引き締めています。この工夫により、優しい感じが伝わります。ところどころアイコンを使った説明や図解があり、文章だけでなく視覚的に理解を促すデザインが参考になります。

アマノリハビリテーション病院

アマノリハビリテーション病院

https://www.amano-reha.com/amano-reha/

ロゴマークに合わせた青水色のトーンで全体が作成されており、多くのページがわかりやすくまとめられています。トップページは多くの情報を効率的に提供し、下層ページはシンプルで、自社での更新がしやすいデザインです。必要な情報が整然とまとめられている点が非常に参考になります。

株式会社メディケア・リハビリ

株式会社メディケア・リハビリ

https://kango.medi-care.co.jp/

メインビジュアルの左隣に縦書きでメニューが展開されており、工夫されたデザインが印象に残ります。また、特徴が数字でまとめられているコンテンツがわかりやすく、安心感を伝えるデザインとなっています。その他のポイントポイントで縦書きを利用することで、デザインにメリハリがついている点も参考になります。

脳神経リハビリセンター

脳神経リハビリセンター

https://noureha-nagoya.jp/

勢いのあるデザインになっており、力強く、施術に対する自信が伝わるようなデザインです。パンチのあるデザインが訴求力を高め、随所に動画を効果的に利用している点も非常に参考になります。

株式会社まごころ

株式会社まごころ

https://www.magokorosapporo.com/

手書き文字をポイントポイントに入れることで、人のぬくもりを感じさせるデザインが特徴です。オレンジ色を中心にまとめられ、スクロールしても随時追従する求人情報やお問い合わせボタンが設置されており、求職者や患者様にとってゴールに辿り着きやすい仕掛けが施されています。

りすた

りすた

https://www.risuta.org/

ロゴの素朴で可愛らしい感じが効果的に反映されています。ポップなデザインが全体を元気にし、賑やかな印象を与えます。最新のデザイントレンドではありませんが、馴染みがありユーザーにとって使いやすいかもしれません。

箕面グリーンビィラ

箕面グリーンビィラ

https://minoh-greenvilla.jp/

丸みを帯びた写真を使った温かみのあるメインビジュアルが印象的です。トップページをスクロールすると、特徴が紹介されながら文章が追従する仕掛けが面白いですね。文字サイズも大きく設定されており、ユーザーにとって見やすいデザインが参考になります。

リセラ

リセラ

https://re-sela.co.jp/

ポップで元気さと勢いが感じられるデザインです。スタッフの全身写真を効果的に利用し、ポイントごとに配置することで、コンバージョンへの目線を誘導する効果があります。

リハビリプラス

リハビリプラス

https://www.rehabili-plus.com/

シンプルで見やすい構成となっており、パネルを使ったコンテンツの見せ方がメリハリをつけています。背景に縦線が引かれており、トレンドに沿ったデザインが取り入れられています。

ビーンズリハビリセンターよこはま

ビーンズリハビリセンターよこはま

http://yokohama.rehabilitation.pro/

角丸を効果的に利用し、サービスカラーである緑色で全体をまとめたデザインになっています。シンプルな構成で必要なページとコンテンツが絞られており、ユーザーにとって使いやすいデザインが参考になります。

ヒューマンライフケア横浜

ヒューマンライフケア横浜

https://www.hlc-yokohama.com/

ピンク色のデザインで全体がまとめられています。病院関連のウェブサイトでピンク色が使われることは多いですが、リハビリ関連でも有効なカラーです。サービス紹介の入所からの流れが詳細に説明され、わかりやすい写真付きの図解もあり、利用者がサービスのイメージをしやすいデザインです。

リハビリ関連サービスのホームページに必要なコンテンツとは?

サービス紹介:リハビリプログラムの詳細

リハビリ関連サービスを提供する上で、どのようなプログラムがあるのかを詳しく説明することは非常に重要です。

まず、提供するリハビリプログラムの種類について説明しましょう。たとえば、運動療法、作業療法、言語療法、心肺リハビリなどがあります。プログラムの目的や効果についても設置で紹介したいです。具体的な治療内容についても説明があると良いです。

専門スタッフの紹介

スタッフの資格や認定を詳しく説明します。たとえば、理学療法士の資格を持つスタッフがどのような研修を受け、どのような認定を取得しているのか、作業療法士や言語聴覚士も同様に説明しましょう。

スタッフ紹介

スタッフの人柄や理念についても触れると、より親しみやすさを感じてもらえるでしょう。たとえば、スタッフがどのような思いでリハビリに取り組んでいるのか、どのような目標を持っているのかを紹介することで、利用者との信頼関係が深まります。

成功事例

患者の声

患者の声を紹介することで、安心感を与えることができます。たとえば、実際にリハビリを受けた患者がどのような症状で困っていたのか、リハビリを受けてどのように改善したのかを具体的に語ってもらいます。

患者の声を収集する方法としては、インタビューやアンケートがあります。インタビューでは、患者の生の声を録音したり、ビデオで撮影したりすることで、よりリアルな体験を伝えることができます。ビデオインタビューでは、患者の表情や声のトーンからも改善の実感を伝えることができます。アンケートの場合は、リハビリ前と後の状態を比較して具体的な変化を示すことができます。

また、患者の声を紹介する際には、個々のエピソードを詳細に伝えることが大切です。例えば、リハビリを始める前にどのような生活を送っていたのか、どのようなリハビリを行ったのか、そして現在どのような生活を送っているのかを具体的に記述します。これにより、他の利用者が自分の状況と照らし合わせて理解しやすくなります。

成功事例の紹介

リハビリを通じて改善した具体的な事例を紹介することで、利用者がリハビリの効果を実感しやすくなります。成功事例には、ビフォーアフターの写真を使うと効果的です。ビフォーアフターの写真を掲載することで、視覚的に変化を伝えることができ、リハビリの成果を一目で理解してもらえます。

成功事例を紹介する際には、以下のポイントを押さえると良いでしょう。まず、事例の背景を説明します。患者がどのような症状でリハビリを開始したのか、どのような目標を立てたのかを明確にします。次に、リハビリの過程を詳細に記述します。どのようなプログラムを行ったのか、どのようなステップで進めたのかを具体的に説明します。そして、結果としてどのように改善したのかを示します。改善した内容や日常生活の変化を具体的に伝えることで、利用者がリハビリの成果を実感できます。

また、成功事例を紹介する際には、患者の許可を得ることが重要です。個人情報の保護に配慮し、匿名での紹介や名前を伏せるなどの対策を講じましょう。患者が安心して自分の体験を共有できる環境を整えることが大切です。

教育コンテンツ

コラムやブログ

最新の研究や方法を紹介することで、利用者に信頼される情報源となり、サービスの信頼性を高めることができます。専門家によるコラムやブログは、リハビリの専門知識をわかりやすく解説するための有効な手段です。

専門家によるコラムやブログは、日常的に更新することで利用者の興味を引き続けることができるのですが、これが大変な負荷となってしまう点がデメリットです。

ウェビナーやセミナー情報

ウェビナー(オンラインセミナー)やセミナーの情報を提供することも有効です。定期的に開催されるオンラインセミナーやワークショップの案内を掲載することで、利用者が最新の情報を学び続ける機会を提供できます。

無償で情報提供をする範囲と、有償の範囲を切り分けることで、利用者のサービス利用を促しやすくなります。

設備・環境紹介

施設の紹介

施設の内部や外観を写真や動画で詳しく紹介することで、利用者は実際に訪れる前に施設の雰囲気を感じ取ることができます。

まず、施設の全体像を写真や動画で見せることから始めましょう。建物の外観、受付エリア、待合室、治療室など、他にも治療室やトレーニングエリアの詳細な写真を掲載することで、リハビリが行われる環境を具体的にイメージしてもらえます。

使用している機器の説明も重要です。どのようなリハビリ機器を使用しているのか、各機器がどのような目的で使用されるのかを詳しく説明します。例えば、歩行訓練用のトレッドミル(ランニングマシン)や筋力トレーニング用の機器、バランス訓練用の器具などがあります。各機器の写真と共に、その効果や使い方を説明するさらに良いです。

アクセス情報

利用者がスムーズに施設に到着できるように、詳細なアクセス情報を提供しましょう。地図には施設の位置だけでなく、周辺の目印も示すと良いでしょう。

公共交通機関からのアクセス方法もあるとさらに親切です。最寄りの駅やバス停からの徒歩ルートを詳しく記述し、時間の目安も示します。具体的には、最寄りの駅名やバス停の名称、そこからの徒歩ルートを写真やイラストを使ってわかりやすく説明します。

車で来訪する利用者のために、駐車場の情報も提供します。場所や利用方法、駐車可能な台数を掲載してください。専用駐車場がない場合は、近隣の有料駐車場の場所や料金、利用可能時間などを紹介します。

障がいを持つ方や高齢者のために、バリアフリー設備の有無やエレベーターの有無、車椅子でのアクセスが可能かどうかを明記すると、より多くの利用者に対応できるでしょう。

患者サポート

相談窓口

相談窓口を設けることで、利用者が安心してサービスを利用できるようになります。相談窓口のページでは、利用者がどのような相談をできるのか、例えばリハビリの内容や進め方、費用についての質問など、具体的な相談項目を明示します。

オンラインでの相談予約ができるフォームを設置し、必要な情報を入力してもらう仕組みを作ります。例えば、名前、連絡先、相談内容、希望する相談日時などを入力する項目を設けます。また、電話やメールでの相談も受け付ける場合、その連絡先情報を明記します。

さらに、初めての相談に対する不安を和らげるために、カウンセリングの流れや担当スタッフの紹介を行います。カウンセリングがどのように進行するのか、初回相談ではどのようなことを話し合うのかを詳しく説明します。また、担当するスタッフの名前や資格、経験などを紹介することで、利用者は安心して相談に臨むことができます。

料金と保険情報

具体的な治療費(料金)の詳細、保険の適用の有無、支払い方法について説明しましょう。

提供するリハビリプログラムごとに料金を明示し、わかりやすく表形式で掲載すると良いでしょう。例えば、初回カウンセリング料、各リハビリセッションの費用、追加サービスの料金などを具体的に記載します。また、割引制度やパッケージ料金などがある場合は、その詳細も説明します。

また、リハビリサービスが健康保険の適用対象となるかどうか、適用される場合はどのような手続きをすれば良いかを詳しく説明します。例えば、健康保険証の提示や医師の診断書の提出が必要な場合、その手順を明確にします。保険適用外のサービスについても説明しましょう。

現金払い、クレジットカード払い、銀行振込など、利用可能な支払い方法についても記載があると親切ですし、予め質問を予防することができます。

予約システム

オンライン予約

オンライン予約システムを使うことで、利用者は自宅から簡単にリハビリの初診や定期予約を行うことができます。

24時間いつでも利用できるため、利用者は自分の都合に合わせて予約を取ることができます。さらに、電話での予約に比べて時間を節約でき、スタッフの負担も軽減されます。また、利用者が自身のスケジュールを調整しやすくなるため、キャンセルや変更も簡単に行えます。

カレンダー機能

カレンダー機能を利用することで、利用者は予約の空き状況をリアルタイムで確認できるため、予約が取りやすくなります。また、スタッフ側も予約状況を一目で把握できるため、効率的にスケジュールを管理できます。さらに、カレンダー機能を使ってリマインダーを設定することで、利用者に予約の前日に通知を送ることができ、忘れずにリハビリに来てもらうことができます。

サービス対象地域

訪問リハビリサービスの場合、サービス対象となる地域の紹介

利用者が自分の住んでいる地域でサービスを受けられるかどうかを事前に確認できるようにしましょう。

地域の名前を列挙し、市区町村や地区ごとに分けて明記します。例えば、「〇〇市、△△区、□□町」といった具体的な地名を挙げます。地図を併用すると、さらに視覚的に理解しやすくなります。

範囲でのサービス提供の場合、「〇〇市の中心部から半径10キロメートル以内」といった具体的な範囲を示します。また、特定の地域内でも、一部地域のみ対象となる場合は、その理由や背景を説明します。例えば、地理的な制約や交通事情による制限などを明記します。

サービス対象地域の拡大予定がある場合は、その情報も提供します。例えば、「現在は〇〇市と△△区を対象としていますが、将来的には□□町にもサービスを拡大する予定です」といった情報を掲載します。これにより、利用者は将来的なサービス利用の可能性についても把握することができます。

送迎サービスの有無について

送迎サービスがある場合は、その詳細について説明します。例えば、「訪問リハビリサービスでは、無料の送迎サービスを提供しています」や「専用車両でご自宅までお迎えに伺います」といった情報を記載します。また、送迎サービスの利用方法や予約方法についても詳しく説明します。例えば、「送迎サービスを希望される場合は、予約時にお申し込みください」といった具体的な手順を示します。

範囲や条件がある場合は、「送迎サービスは、〇〇市内およびその周辺地域が対象です」や「送迎サービスを利用できるのは、事前に予約された方のみです」といった条件を明示します。

運行時間や曜日についても「送迎サービスは、平日の午前9時から午後5時まで運行しています」といった具体的な情報を提供します。

まとめ

以上が参考となるホームページデザインと、リハビリ関連サービスのホームページに必要なコンテンツについてのまとめでした。

デザインについてはまた良いものがあれば随時更新していきます。

株式会社ウェブ企画パートナーズでもリハビリ関連サービスのホームページ制作実績がございます。新規立ち上げやリニューアルをご検討中の方はぜひお気軽にお問い合わせください。

CONTACT

Webサイト制作のご相談やご質問、ご不明点などございましたらこちらよりお問い合わせください。
「ホームページ制作について」とお伝えください。担当者におつなぎいたします。

オフィス一覧へ

受付時間|9:00~18:00(土・日・祝除く)

※お電話にてお問い合わせの際はオフィス一覧からお近くのオフィスにご連絡ください

※全国対応

ホームページ無料診断 毎月10社限定

ホームページ制作のプロがユーザビリティ・SEO・競合などを多角的に分析し、
具体的な改善案をご提案します。

無料診断する