採用サイトの役割を教えてください

これまで採用サイトについてたくさんのご相談をいただき、様々な会社とたくさんの議論を重ねてきました。奇抜で面白く印象に残るようなデザインの採用サイトが作りたい会社もあれば、Indeedからの応募数を増やしたい会社もありました。私たちは要望や課題に応じて、それを解決できる戦略やクリエイティブを提案する必要がありますので様々なことをヒアリングするのですが、何よりも重要なのはその会社にとっての「採用サイトの役割」であると考えています。
例えば、新卒でも中途でも、成果報酬型のエージェントを中心に利用しているのか、または大手転職サイトへ広告出稿しているのかだけでも大きく違います。前者は既にざっくりとでも会社の説明は受けた状態で採用サイトを見るでしょうし、大手転職サイトの場合はあまり会社のことを知らない状態のままWebサイトに訪問してくることが多いかもしれません。採用サイトの制作にも当然予算があります。その中で成果を最大化するには、役割を明確にし、コンテンツ作成の優先順位を付けることが重要です。

採用サイトのゴールはなんでしょうか

採用サイトのゴールはWebサイト上での採用応募アクションです。このような説明をすると、「実際の採用に繋がらなかったら意味が無いのではないか」「欲しい人材からの応募は意味がないのではないか」といった質問をいただくことがありますが、それは商品やサービスでも同じです。採用サイトの場合、商品となるのは「会社」です。商品である「会社」を理解してもらい、好きになってしまうために、キャッチコピー・コンテンツ・デザインを作成します。結果が伴わなければ、何が悪かったのか分析し改善をする必要があります。そのために必要なのはデータです。私たちはサービスサイトと同じように採用サイトもPDCAを回していくことが重要と考えています。そしてそれは私たちの得意分野です。

トレンドの変化

2019年1月にリリースされた「Googleしごと検索」を始めとした、Indeedなどの無料求人検索エンジンの台頭により、これまで以上に自社採用サイトの重要度が増しています。求人検索エンジンには、募集要項の表示方法に規定が存在します。私たちはIndeedの広告パートナーでもありますから正しい知識をお客様のWebサイトに還元することが可能です。またWebサイトのコンテンツについてもデファクトスタンダードと呼ばれるべきコンテンツも出てきています。
毎年いくつもの採用サイトを分析していますから、トレンドの変化も取り入れつつ少子化により年々激しくなる人材獲得競争の一助となるような採用サイトの制作を私たちがお手伝いいたします。

CONTACT

Webサイト制作のご相談やご質問、ご不明点などございましたらこちらよりお問い合わせください。
「ホームページ制作について」とお伝えください。担当者にお代わりいたします。

東京オフィス

営業時間|9:00~17:00(土・日・祝除く)

03-6822-7344