Beginner ホームページ制作依頼の教科書

初めてのホームページ制作依頼に必要な知識をまとめました

はじめてホームページを外注する際、何から始めたらよいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。このサイトでは、ホームページ制作を外注する際に知っておくべき基礎知識を紹介します。

ホームページの計画を立てよう

1.ターゲットを定める

まず、ホームページを訪れる人々、つまりターゲットを決めます。年齢、性別、職業、趣味などを考慮し、どんな人に情報を届けたいのかを明確にしましょう。

2.目的と必要なページを考える

次に、ホームページを作る目的をはっきりさせましょう。ビジネスの宣伝、製品の販売、情報の提供など、何を達成したいのかを具体的に書き出してみてください。その後、ホームページにはどんなページが必要か考えます。例えば、トップページ、製品ページ、会社紹介ページ、お問い合わせページなどです。それぞれのページにどんな情報を載せるかも決めていきましょう。

デザインの方向性

ホームページのデザインは重要です。シンプルで見やすいデザインにするのか、カラフルで目立つデザインにするのか、会社のイメージに合ったデザインにすることを考えます。

予算の設定

最後に、ホームページの制作にどれくらいの費用をかけるか予算を設定します。ドメイン費用、サーバー費用、デザイン費用、制作費用など、必要な項目をリストアップして計算しましょう。

ホームページの作成方法

ホームページを作成する前に必要なもの

ホームページを作るためには、まずドメインとサーバーが必要です。ドメインはホームページの住所、サーバーはホームページのデータを置く場所です。

自分で作成する(DIY)

利用可能なツール

ホームページを自分で作成する場合、WixやSquarespaceなどのツールを使うことができます。これらのツールは初心者でも簡単に使えるように作られており、テンプレートを選んで内容を入力するだけでホームページが完成します。

プロに依頼する

オリジナルデザインで作成する

プロに依頼してオリジナルデザインのホームページを作成する場合、以下の方法があります。

CMSを利用する
CMSとは何か?

CMS(コンテンツ管理システム)は、ホームページの内容を簡単に更新できるシステムです。これを使うと、専門的な知識がなくてもページの追加や修正が簡単に行えます。

CMSを使ったホームページのメリットとデメリット

CMSのメリットは、更新が簡単であること、コストが抑えられること、テンプレートが豊富なことです。デメリットは、カスタマイズが難しい場合があることや、セキュリティ対策が必要なことです。

日本で人気のCMS

日本では、WordPressやMovable Typeが人気です。これらのCMSは多くの機能があり、カスタマイズもしやすいため、多くの企業で利用されています。

CMSの選定基準

CMSを選ぶ際は、操作のしやすさ、機能の充実度、セキュリティ、サポート体制などを考慮しましょう。

カスタム開発をする

カスタム開発では、ゼロからホームページを作り上げます。デザインや機能を完全にオリジナルにできる反面、コストや時間がかかります。

テンプレートを使用する

テンプレートを使用する方法もあります。テンプレートを使うと、短期間で見栄えの良いホームページを作成することができますが、デザインの自由度は限られます。

制作の基本的な流れ

制作会社への相談・問い合わせ

まず、ホームページの目的や要件、予算を整理して制作会社に相談しましょう。明確な要望を伝えることで、スムーズなやり取りが可能です。

プロジェクト提案と見積もり

制作会社からプロジェクト提案と見積もりを受け取ります。内容を確認し、不明点があれば質問しましょう。

契約とスケジュールの確定

提案内容と見積もりに納得したら契約を結びます。同時に、制作スケジュールを確定させます。

デザインの作成

デザインの作成段階では、ホームページの見た目やレイアウトを決めます。デザイン案を何度か確認し、修正を加えながら進めていきます。

コンテンツの準備と整理

ホームページに掲載するテキストや画像、動画などのコンテンツを準備し、整理します。わかりやすく、見やすい内容を心がけましょう。

開発と実装

デザインが確定したら、次は開発と実装です。実際にホームページを作成し、機能を追加していきます。

レビュー、フィードバック、修正

完成したホームページをチェックし、問題があればフィードバックを行います。修正を繰り返して最終的な形に仕上げます。

テストと品質保証

ホームページが完成したら、動作確認や品質チェックを行います。ブラウザやデバイスごとの表示確認も大切です。

本番環境への移行

最後に、本番環境に移行します。ドメインを設定し、公開します。公開後も定期的なメンテナンスが必要です。

Web制作会社の選び方

強みと弱みを確認する

制作会社の強みと弱みを確認しましょう。得意分野や過去の実績を見て、自分の要件に合うかどうかを判断します。

制作実績を確認する

制作会社の過去の制作実績を確認します。自分のイメージに合うホームページを作成しているかどうかをチェックしましょう。

完成後のフォロー・サポート体制を確認する

ホームページ公開後のフォローやサポート体制も重要です。トラブルが発生した時に迅速に対応してくれるかを確認しましょう。

制作体制を確認する

制作チームの体制も確認します。デザイナー、開発者、プロジェクトマネージャーなど、どのようなメンバーが担当するのかを把握しましょう。

制作期間を確認する

ホームページの制作期間も重要なポイントです。納期に間に合うかどうか、余裕を持ってスケジュールを組んでいるかを確認します。

写真や動画撮影などオプションサービスについて確認する

必要に応じて、写真や動画の撮影、SEO対策などのオプションサービスも確認しましょう。

開発環境を確認する

利用するCMSや開発環境についても確認します。自分が使いやすいシステムを選びましょう。

見積もりを確認する

見積もりの内容を細かく確認し、不明点があれば質問しましょう。隠れたコストがないかも確認することが重要です。

契約内容を確認する

契約内容も細かく確認しましょう。支払い条件、納期、サポート内容など、すべてを理解してから契約を結びます。

Web制作会社を選ぶときの注意点

最後に、Web制作会社を選ぶときの注意点として、信頼性や実績だけでなく、自分との相性も重要です。コミュニケーションが取りやすい会社を選びましょう。

完成後の運用と管理

コンテンツの更新

ホームページを公開した後も、定期的にコンテンツを更新することが重要です。最新の情報を提供し続けることで、訪問者の興味を引き続けます。

セキュリティの維持

ホームページのセキュリティを維持するために、定期的にソフトウェアを更新し、セキュリティ対策を行いましょう。

定期的なバックアップ

データのバックアップは定期的に行うことが重要です。万が一のトラブルに備えて、バックアップを取っておきましょう。

アクセス数(トラフィック)の分析

ホームページのアクセス数を定期的に分析し、どのページが人気か、訪問者がどこから来ている

かを把握します。これにより、改善点を見つけることができます。

SEOの最適化

検索エンジン最適化(SEO)も重要です。適切なキーワードを使い、検索エンジンでの順位を上げることで、より多くの訪問者を獲得しましょう。

SNSとの連携

SNSとの連携も考えましょう。SNSを活用することで、ホームページへの訪問者を増やすことができます。

広告を出稿する

必要に応じて、インターネット広告を出稿することも効果的です。広告を通じて、より多くの人にホームページを知ってもらいましょう。

Web集客お役立ちブログ

私たちの持つノウハウの一部を「ウェブ企画ラボ」から業界にシェアしていくことで、インターネットをもっと集客に役立つツールへと発展させていきたいと考えています。お客様にも明日から役立てられる情報を随時公開していますので、是非ご覧いただき私たちのノウハウの深さを感じて頂ければ幸いです。